おいしい食事の最後はトルココーヒーを

コーヒー、というとどこの国を思い浮かべるでしょうか。
アメリカ、フランス、ベトナムもありますね。
実はトルコもコーヒーが有名です。
トルコでは、食の最後はトルココーヒーでしめとなります。
トルコではコーヒーの役割はとても重要です。
美味しいコーヒーをいれることが花嫁修業と言われますし、お見合い後にOK・NGを伝える際にも実はコーヒーが使われるということです。
甘ければOK、塩辛ければNGだそうですよ。

トルココーヒーは、コーヒーの粉と水、そして砂糖で入れます。
水の中に砂糖とコーヒーの粉を入れ、細火で沸かすのがポイント。
そうすると細かい泡が立ち始めるので、その泡は別に取っておきます。
アクのように思えますが、これがトルココーヒーのおいしさを決める大切なものなのです。
泡が出なくなったらOK。
泡を入れておいたカップに静かに注ぎます。
静かにやらないとコーヒーの粉が大量に入るのでご注意を。

飲み終わった後は、カップをソーサーにひっくり返し、できた模様で占いをするそうです。
形で運勢が分かるそうですが・・・。
食の最後にこだわりのトルココーヒーをいただき、その後にさらに占い。
最後の最後までしっかり楽しむのがトルコの食のスタイルとして定着しているようです。

トルコに行くからお金を両替したい!ならFXがお得です

親日国として有名なトルコ。
ここに旅行に行きたい、という方も多いのではないでしょうか。
その際、当然お金を現地の通貨に替えておく必要がありますよね。
しかし、アメリカドルなどと違ってまだまだトルコリラはマイナー通貨です。
どこででも両替する、ということができません。
そのため、ちょっと手数料とかレートがきになるけど、空港でしておこうかな、と思ってしまいませんか?
それはダメダメ!
今すぐトルコに行かなきゃ、という訳でないならば、まずはFX口座を開きましょう。

トルコのお金に両替するのに何で投資なの、と思ったあなた、実はその両替がとても安くなるからです。
通常円を外貨に交換するためには、例えばドルであれば1ドル当たり2~4円かかる、と言われます。
そしてさらに、為替レートが関係してきます。
ですから、100万円分を100万円分として両替することができなくなるのです。
この手数料というのは避けて通れないので困ったものです。

ですが、FX口座からであれば、1ドル当たりたったの20銭で両替することができます。
引き出す手数料はかかりますが、それでも銀行に比べたら等価交換により近くなります。
頻繁にトルコに行く、もちろん他の海外に行く、という方であれば、その都度空港に行くよりも、FX口座を作っておくことをお勧めします。